『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120307)

EID=120307EID:120307, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:20:13, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Phenomenon and Countermeasures of High SPL Sound Generated from Duct with Heat Exchanger Tube Bundle  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2つの並列管群ダクトを有するガス加熱器の異音現象の特徴を明らかにするため,うなり現象の存在,ダンパ開度の異音へ及ぼす影響,Stの値などを調べた.また孔開きバッフル板の異音抑制効果を実験的に明らかにした.その結果,例えば4∼5%以下の開口率で効果が有り,孔開きバッフル板は音響減衰として働くことがわかった.またバッフル板の音抑制効果は従来言われているモードの破壊ではなく,渦の音場へ与える仕事の減少であることを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The proceedings of the 6th KSME-JSME Thermal and Fluid Engineering Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): (英) (日) 斉州島 (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 3月 20日 (平成 17年 3月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kunihiko Ishihara : Phenomenon and Countermeasures of High SPL Sound Generated from Duct with Heat Exchanger Tube Bundle, The proceedings of the 6th KSME-JSME Thermal and Fluid Engineering Conference, 斉州島, March 2005.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara : Phenomenon and Countermeasures of High SPL Sound Generated from Duct with Heat Exchanger Tube Bundle, The proceedings of the 6th KSME-JSME Thermal and Fluid Engineering Conference, 斉州島, March 2005.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.95, Max(EID) = 372588, Max(EOID) = 996832.