『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120291)

EID=120291EID:120291, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:20:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 資料作成,講演   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 流体騒音低減事例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 最近の社会の動向として環境との調和が重要視されている.騒音問題もその1つで,低騒音化が環境保全,差別化の観点から重要課題となっている.本稿では比較的よく出くわす騒音事例として,(1)流れの中に置かれた物体から発生する流体騒音,(2)ボイラ管群で発生する渦とダクト内音場との干渉による空力自励音,(3)油圧ポンプの脈動に起因する建屋室内騒音の3つを採り上げ,騒音発生のメカニズムをやさしく解説するとともにそれらに対する対策について述べる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本機械学会関西支部 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 実務者のための騒音防止技術 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 274 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 39 44 [継承]
都市 (任意): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 1月 21日 (平成 17年 1月 21日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石原 国彦 : 流体騒音低減事例, 実務者のための騒音防止技術, Vol.274, 39-44, 2005年1月.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara : 流体騒音低減事例, 実務者のための騒音防止技術, Vol.274, 39-44, Jan. 2005.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.76, Max(EID) = 372562, Max(EOID) = 996461.