『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120233)

EID=120233EID:120233, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 15:50:03, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yoshida Tamotsu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kuramoto Noriyuki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Tanaka Katsufumi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Yield Process of Electrorheological Fluid with Polyaniline Particle  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ポリアニリン粒子分散系のエレクトロレオロジー測定を行った.電場下での動的測定において歪み依存性を調べたところ,歪み1%程度と50%程度で降伏挙動が見られた.せん断流動実験による応力-歪み曲線においても同様に2段階の降伏挙動を示した.このような降伏挙動は電場の強度や粒子濃度に依存することがわかった.降伏挙動とER効果の原因であるクラスター構造との関連について議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Modern Physics Letters B (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 8 [継承]
(必須): 25 [継承]
(必須): 1563 1575 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1994年 12月 1日 (平成 6年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kiyohito Koyama, Keiji Minagawa, Tamotsu Yoshida, Noriyuki Kuramoto and Katsufumi Tanaka : Yield Process of Electrorheological Fluid with Polyaniline Particle, Modern Physics Letters B, Vol.8, No.25, 1563-1575, 1994.
欧文冊子 ● Kiyohito Koyama, Keiji Minagawa, Tamotsu Yoshida, Noriyuki Kuramoto and Katsufumi Tanaka : Yield Process of Electrorheological Fluid with Polyaniline Particle, Modern Physics Letters B, Vol.8, No.25, 1563-1575, 1994.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.