『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120229)

EID=120229EID:120229, Map:0, LastModified:2005年9月27日(火) 11:55:09, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Murata Yorinobu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kimura Satoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takei Seiji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Basic Study for Generation of Acoustic Streaming in Bounded Field  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 有限領域で高分子液体に超音波流動を発生させることは,成形加工プロセスで流動制御による品質改良に応用できる可能性があるため興味深い.シリコーンオイル中で超音波流動を可視化する装置を作製し,流動が発生する条件を検討した.連続波では反射波の影響によって流動が妨げられるが,適度な間隔でトーンバースト波を照射することにより,反射波の影響を極小化して効率よく流動を発生させることができた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須):
(必須): 51 54 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1994年 12月 1日 (平成 6年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yorinobu Murata, Satoshi Kimura, Seiji Takei, Keiji Minagawa and Kiyohito Koyama : Basic Study for Generation of Acoustic Streaming in Bounded Field, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.37, (号), 51-54, 1994.
欧文冊子 ● Yorinobu Murata, Satoshi Kimura, Seiji Takei, Keiji Minagawa and Kiyohito Koyama : Basic Study for Generation of Acoustic Streaming in Bounded Field, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.37, (号), 51-54, 1994.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.40, Max(EID) = 359798, Max(EOID) = 963761.