『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120215)

EID=120215EID:120215, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 15:51:28, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Uemura Takashi (日) 上村 節 (読) うえむら たかし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takimoto Jun-ichi (日) 滝本 淳一 (読) たきもと じゅんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Opposite Electrorheological Effects between Urethane Based Polymers Having Different Terminal Groups  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ポリプロビレングリコールの両末端に極性または非極性の官能基を導入したウレタン高分子を合成し,エレクトロレオロジー効果(ER効果)を検討した.電場下における動的粘弾性測定の結果,極性末端基を導入したウレタン高分子は正,非極性末端基を導入したウレタン高分子は負のER効果を示した.このことから,同一の主鎖構造を持つ高分子を用いて,末端基の違いによってレオロジー特性の電場応答性を制御できる可能性が示された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Journal of the Chemical Society. Faraday Transactions ([英国王立化学会])
(resolved by 0956-5000)
ISSN: 0956-5000 (pISSN: 0956-5000, eISSN: 1364-5455)
Title: Journal of the Chemical Society, Faraday Transactions
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1364-5455)
ISSN: 0956-5000 (pISSN: 0956-5000, eISSN: 1364-5455)
Title: Journal of the Chemical Society, Faraday Transactions
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 91 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 1051 1052 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 3月 1日 (平成 7年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takashi Uemura, Keiji Minagawa, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Opposite Electrorheological Effects between Urethane Based Polymers Having Different Terminal Groups, Journal of the Chemical Society. Faraday Transactions, Vol.91, No.6, 1051-1052, 1995.
欧文冊子 ● Takashi Uemura, Keiji Minagawa, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Opposite Electrorheological Effects between Urethane Based Polymers Having Different Terminal Groups, Journal of the Chemical Society. Faraday Transactions, Vol.91, No.6, 1051-1052, 1995.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.14, Max(EID) = 359766, Max(EOID) = 963527.