『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120206)

EID=120206EID:120206, Map:0, LastModified:2011年2月26日(土) 17:12:23, Operator:[外輪 健一郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[外輪 健一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.外輪 健一郎
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Naito Kiyoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kano Manabu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Hasebe Shinji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Hashimoto Iori (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Study on the Effects of Fines Dissolution on the Stabilizing Control of Continuous DTB Crystallizers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 滞留時間と溶解速度を考慮した外部加熱器での微小結晶溶解量のモデルを開発し,現実的な微小結晶の溶解量が晶析装置の安定化制御に与える影響を明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 14th International Symposium on Industrial Crystallization (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): CDROM [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): (英) Cambridge (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 9月 12日 (平成 11年 9月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ken-Ichiro Sotowa, Kiyoshi Naito, Manabu Kano, Shinji Hasebe and Iori Hashimoto : A Study on the Effects of Fines Dissolution on the Stabilizing Control of Continuous DTB Crystallizers, The 14th International Symposium on Industrial Crystallization, Vol.CDROM, Cambridge, Sep. 1999.
欧文冊子 ● Ken-Ichiro Sotowa, Kiyoshi Naito, Manabu Kano, Shinji Hasebe and Iori Hashimoto : A Study on the Effects of Fines Dissolution on the Stabilizing Control of Continuous DTB Crystallizers, The 14th International Symposium on Industrial Crystallization, Vol.CDROM, Cambridge, Sep. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.35, Max(EID) = 361923, Max(EOID) = 968363.