『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120202)

EID=120202EID:120202, Map:0, LastModified:2005年3月14日(月) 14:12:34, Operator:[外輪 健一郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[外輪 健一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.外輪 健一郎
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hamamura Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kano Manabu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Hasebe Shinji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Hashimoto Iori (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Maximization of Mean Size of Crystals Obtained from Continuous Crystallizers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 数理最適化手法を利用して,製品結晶粒径が最大となるような晶析装置の運転条件について検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The Fifth International Symposium of Separation Technology between Japan and Korea (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 481 484 [継承]
都市 (必須): ソウル (Seoul/[大韓民国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 8月 19日 (平成 11年 8月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ken-Ichiro Sotowa, Takashi Hamamura, Manabu Kano, Shinji Hasebe and Iori Hashimoto : Maximization of Mean Size of Crystals Obtained from Continuous Crystallizers, The Fifth International Symposium of Separation Technology between Japan and Korea, (巻), (号), 481-484, Seoul, Aug. 1999.
欧文冊子 ● Ken-Ichiro Sotowa, Takashi Hamamura, Manabu Kano, Shinji Hasebe and Iori Hashimoto : Maximization of Mean Size of Crystals Obtained from Continuous Crystallizers, The Fifth International Symposium of Separation Technology between Japan and Korea, (巻), (号), 481-484, Seoul, Aug. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.93, Max(EID) = 361613, Max(EOID) = 967820.