『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120114)

EID=120114EID:120114, Map:0, LastModified:2014年10月29日(水) 14:30:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 内容作成,執筆   [継承]
貢献度 (任意): 80 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Modeling and Vibration Control of Aerial Vehicles  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) この論文は,起伏角の急激な変更や外力の作用などによって引き起こされる高所作業車の振動を,起伏シリンダに付加された小さなプランジャーによって能動的に抑制する方法を述べている.まず最初に,高所作業車の起伏動作の詳細な数学モデル,その振動のモード解析,歪ゲージによる1次振動モードの検出,および外乱オブザーバと位相遅れ要素による制御器の設計を述べている.次に,シミュレーションによって, 提案した方法が高次モードを励起することなく,1次振動モードを効果的に抑制することを示している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proc. of the International Session of SICE'97 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 995 1000 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 初日 (平成 9年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Katsunobu Konishi and Hiroyuki Ukida : Modeling and Vibration Control of Aerial Vehicles, Proc. of the International Session of SICE'97, (巻), (号), 995-1000, Tokushima, July 1997.
欧文冊子 ● Katsunobu Konishi and Hiroyuki Ukida : Modeling and Vibration Control of Aerial Vehicles, Proc. of the International Session of SICE'97, (巻), (号), 995-1000, Tokushima, July 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996375.