『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119910)

EID=119910EID:119910, Map:0, LastModified:2005年9月27日(火) 11:58:06, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yanagida Hiroaka (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Masubuchi Yuichi (日) 増淵 雄一 (読) ますぶち ゆういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ogata Tateaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Takimoto Jun-ichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Sound Field Form on the Chemical Reaction  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 超音波化学反応における音場形状の影響を調べるため,PVDFセンサで音場の形状を,ソノルミネッセンスで反応場の形状をそれぞれ調べて比較した.発光強度は焦点の前後で大きく異なること,各領域での音のエネルギーに比例することなどから音場の形状と化学反応が密接に関連することが明らかになった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 40 [継承]
(必須):
(必須): 485 486 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 12月 1日 (平成 9年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hiroaka Yanagida, Keiji Minagawa, Yuichi Masubuchi, Tateaki Ogata, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Effect of Sound Field Form on the Chemical Reaction, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.40, (号), 485-486, 1997.
欧文冊子 ● Hiroaka Yanagida, Keiji Minagawa, Yuichi Masubuchi, Tateaki Ogata, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Effect of Sound Field Form on the Chemical Reaction, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.40, (号), 485-486, 1997.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.47, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963833.