『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119908)

EID=119908EID:119908, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 15:55:08, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Murata Yorinobu (日) 村田 頼信 (読) むらた よりのぶ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kimura Satoshi (日) 木村 智 (読) きむら さとし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Takimoto Jun-ichi (日) 滝本 淳一 (読) たきもと じゅんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Flow of Polymer Melt in a Disk-shaped Mold under Ultrasonic Radiation  (日) 超音波照射下における金型内高分子溶融体の流動   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 円板状金型を用いて,高温下で溶融させた高粘度高分子溶融体中の超音波流動について検討した.11000Pa·sの高粘度高分子溶融体中に超音波流動を発生させることができた.高分子溶融体中に発生する超音波流動の大きさは粘度よりも吸収係数に依存する割合が大きいこととが考察された.トーンバースト超音波を照射することにより薄い試料でも効率よく流動を発生させることができた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Seikei-Kakou (日) プラスチック成形加工学会誌 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 563 567 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 9月 1日 (平成 7年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 村田 頼信, 木村 智, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人 : 超音波照射下における金型内高分子溶融体の流動, プラスチック成形加工学会誌, Vol.7, No.9, 563-567, 1995年.
欧文冊子 ● Yorinobu Murata, Satoshi Kimura, Keiji Minagawa, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Flow of Polymer Melt in a Disk-shaped Mold under Ultrasonic Radiation, Seikei-Kakou, Vol.7, No.9, 563-567, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963340.