『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119905)

EID=119905EID:119905, Map:0, LastModified:2006年1月25日(水) 13:36:25, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kimura Hiroshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ER Effect on the Normal Stress and Induced Network Structure of Liquid Crystal Polymer  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 平行円板型レオメータを用いて側鎖型液晶高分子のせん断粘度と法線応力に及ぼす電場の効果を調べた.電場印加時に粘度が増加するER効果を示すとともに,高せん断速度領域において顕著な法線応力増加が見られ,液晶側鎖が電場によってネットワーク構造を形成していることが示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Plenum Press (->組織[Kluwer Academic Publishers]) [継承]
誌名 (必須): (英) Progress in Electrorheology (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 263 271 [継承]
都市 (任意): ニューヨーク (New York/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 12月 1日 (平成 7年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Hiroshi Kimura and Kiyohito Koyama : ER Effect on the Normal Stress and Induced Network Structure of Liquid Crystal Polymer, Progress in Electrorheology, (巻), (号), 263-271, 1995.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Hiroshi Kimura and Kiyohito Koyama : ER Effect on the Normal Stress and Induced Network Structure of Liquid Crystal Polymer, Progress in Electrorheology, (巻), (号), 263-271, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.85, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963340.