『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119666)

EID=119666EID:119666, Map:0, LastModified:2005年9月27日(火) 11:54:08, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Nakamura Tetsu (日) 中村 哲 (読) なかむら てつ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takimoto Jun-ichi (日) 滝本 淳一 (読) たきもと じゅんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Measurement of Sound Velocity and Bulk Modulus of Polymers under High Pressure  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 成形加工において重要性が高まっている高温高圧条件下での物性データを得るためにPVT(圧力-体積-温度)測定装置に超音波トランスデューサを設置し,音速と弾性率を高温高圧下で測定できる装置を作製した.エチレン-酢酸ビニル共重合体の測定を行った結果,弾性率は圧力に比例し,溶融状態よりも固体状態の方が圧力依存性が大きいことがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 38 [継承]
(必須):
(必須): 313 314 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 12月 1日 (平成 7年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tetsu Nakamura, Keiji Minagawa, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Measurement of Sound Velocity and Bulk Modulus of Polymers under High Pressure, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.38, (号), 313-314, 1995.
欧文冊子 ● Tetsu Nakamura, Keiji Minagawa, Jun-ichi Takimoto and Kiyohito Koyama : Measurement of Sound Velocity and Bulk Modulus of Polymers under High Pressure, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.38, (号), 313-314, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.90, Max(EID) = 359741, Max(EOID) = 963404.