『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119614)

EID=119614EID:119614, Map:0, LastModified:2006年5月8日(月) 11:00:04, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Nakanishi Ikuo (日) 中西 郁夫 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kawashima Tomonori (日) 川島 知憲 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Yakumaru Haruko (日) 薬丸 晴子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ozawa Toshihiko (日) 小澤 俊彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
役割 (任意): (英)   (日) 研究の実施に関する指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.堀 均
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Ikota Nobuo (日) 伊古田 暢夫 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) アルテピリンアルテピリンCをリードとする4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体の金属イオン存在下におけるラジカル消去反応について報告した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 静岡 (Shizuoka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 6月 初日 (平成 16年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 中西 郁夫, 宇都 義浩, 川島 知憲, 薬丸 晴子, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 堀 均, 伊古田 暢夫 : 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応, 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2004年6月.
欧文冊子 ● Ikuo Nakanishi, Yoshihiro Uto, Tomonori Kawashima, Haruko Yakumaru, Toshihiko Ozawa, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Nobuo Ikota : 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応, 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, (巻), (号), (頁), June 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.39, Max(EID) = 361955, Max(EOID) = 968466.