『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=119569)

EID=119569EID:119569, Map:0, LastModified:2015年3月25日(水) 11:07:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
役割 (任意): (英)   (日) 研究の立案,実施に関する指導及び発表   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ueta Hisashi (日) 上田 祐司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Oyabu Yuriko (日) 大藪 友利子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.樋田 一徳
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.石村 和敬
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Ookura Tamiko (日) 大倉 多美子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.堀 均
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) シナプスにおける膜結合性エノラーゼの解析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 解糖系酵素であるエノァーゼのαー及びγーアイソザイムが,ラット脳のシナプス形質膜に会合して存在することを生化学的解析及び免役電子顕微鏡による解析によって証明したことを報告した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第44回日本神経化学·第24回日本神経科学合同大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 9月 初日 (平成 13年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 永澤 秀子, 上田 祐司, 大藪 友利子, 樋田 一徳, 石村 和敬, 大倉 多美子, 堀 均 : シナプスにおける膜結合性エノラーゼの解析, 第44回日本神経化学·第24回日本神経科学合同大会, 2001年9月.
欧文冊子 ● Hideko Nagasawa, Hisashi Ueta, Yuriko Oyabu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Tamiko Ookura and Hitoshi Hori : シナプスにおける膜結合性エノラーゼの解析, 第44回日本神経化学·第24回日本神経科学合同大会, Sep. 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.90, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.