『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=11917)

EID=11917EID:11917, Map:0, LastModified:2015年1月27日(火) 14:19:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sunahara Yoshifumi (日) 砂原 善文 (読) すなはら よしふみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ohsumi Akira (日) 大住 晃 (読) おおすみ あきら
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.最上 義夫
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意): 30 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Optimal Allocation of Sensors for State Estimation of Distributed Parameter Systems  (日) 分布定数システムの状態推定のための最適観測器配置   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The purpose of this paper is to present a method for finding the optimal allocation of sensors for state estimation of linear distributed parameter systems. This method is based on the criterion that the error covariance associated with the state estimate becomes minimal with respect to the allocation of the sensors.A theorem is established, giving the sufficient condition for optimizing the allocation of sensors to make minimal the error covariance approximated by a modal expansion. The remainder of this paper is devoted to illustrate important phases of the general theory of the optimal measurement allocation problem. To do this, several examples are demonstrated, including extensive discussions on the mutual relation between the optimal allocation and the dynamics of sensors.  (日) 分布定数システムの状態推定を行う際の観測装置の最適配置を決定するための十分条件を定理として記述した.この十分条件を求めるに当たって主要な役割を果たしたのが,推定誤差共分散を有限項の固有関数展開により近似したことである.その結果,定理に示されているように,2次形式をパラメータに関して最大にするというアルゴリズムによって最適な観測位置を決定することが出来る.そして,その有用性をいくつかの数値シミュレーションによって確認した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): 計測自動制御学会論文集 ([計測自動制御学会])
(pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)

ISSN (任意): 0453-4654
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 652 658 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1978年 12月 1日 (昭和 53年 12月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130003968612/ [継承]
DOI (任意): 10.9746/sicetr1965.14.652    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130003968612 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 砂原 善文, 大住 晃, 最上 義夫 : 分布定数システムの状態推定のための最適観測器配置, 計測自動制御学会論文集, Vol.14, No.6, 652-658, 1978年.
欧文冊子 ● Yoshifumi Sunahara, Akira Ohsumi and Yoshio Mogami : Optimal Allocation of Sensors for State Estimation of Distributed Parameter Systems, Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol.14, No.6, 652-658, 1978.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.78, Max(EID) = 372561, Max(EOID) = 996460.