『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118725)

EID=118725EID:118725, Map:0, LastModified:2005年3月14日(月) 10:05:36, Operator:[安野 卓], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安野 卓], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気エネルギー講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Noda Toshikazu (日) 野田 哉也 (読) のだ としかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.鎌野 琢也
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鈴木 茂行
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.安野 卓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座]/バイオイノベーション研究所(併任))
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ニューロサーボコントローラを用いた多軸協調システムの応答特性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,ニューロサーポコントローラを用いた二軸位置決めシステムに協調誤差を導入することにより,両軸の高速な協調動作を実現するシステムを提案している.そして,同システムを溶接ロボットを模擬したモデルに適用し,その応答特性をシミュレーションにより確かめている.その結果,提案するシステムは動特性が未知かつ大幅に異なる位置決め軸の追従特性を著しく改善するとともに,定常状態のみならず過渡状態においても,高速な協調動作を実現できることを確認している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第4回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 259 262 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1994年 10月 20日 (平成 6年 10月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 野田 哉也, 鎌野 琢也, 鈴木 茂行, 安野 卓 : ニューロサーボコントローラを用いた多軸協調システムの応答特性, 第4回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, (巻), (号), 259-262, 1994年10月.
欧文冊子 ● Toshikazu Noda, Takuya Kamano, Takayuki Suzuki and Takashi Yasuno : ニューロサーボコントローラを用いた多軸協調システムの応答特性, 第4回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, (巻), (号), 259-262, Oct. 1994.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.79, Max(EID) = 372614, Max(EOID) = 996873.