『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118622)

EID=118622EID:118622, Map:0, LastModified:2009年5月26日(火) 02:00:02, Operator:[河村 保彦], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河村 保彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 修士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kusunoki Eiji (日) 楠 栄二 (読) くすのき えいじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mohammad M. Hossain (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.河村 保彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 内容討論   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.津嘉山 正夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Microwave-Assisted Synthesis of Acetophenone Derivative and Their Conversion into Polymethoxyflavones  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,マイクロ波照射による複素環化合物合成の有用性について示したものである.すなわち,2,5-ジヒドロキシ-1,3-ジメトキシベンゼンを出発物質として,1,2,3,5-テトラメトキシベンゼン,さらにペンタメトキシベンゼンを経て,フリーデル·クラフツ反応および後続反応により,生理活性フラボンを高収率で得た.これらの合成反応で,各段階においてマイクロ波照射を用いた.各反応は,いずれも数分と極めて短時間で終了した.比較の意味で従来の加熱下の反応も行ったが,目的物の収率,反応時間の両面においてマイクロ波照射下の反応が優れることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 386 387 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 7月 27日 (平成 16年 7月 27日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kusunoki, Hossain M. Mohammad, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Microwave-Assisted Synthesis of Acetophenone Derivative and Their Conversion into Polymethoxyflavones, Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields, (巻), (号), 386-387, Takamatsu, July 2004.
欧文冊子 ● Eiji Kusunoki, Hossain M. Mohammad, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Microwave-Assisted Synthesis of Acetophenone Derivative and Their Conversion into Polymethoxyflavones, Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields, (巻), (号), 386-387, Takamatsu, July 2004.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 0.53, Max(EID) = 363160, Max(EOID) = 972080.