『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118580)

EID=118580EID:118580, Map:0, LastModified:2007年5月15日(火) 12:19:12, Operator:[青江 順一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[獅々堀 正幹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ando Kazuaki (日) 安藤 一秋 (読) あんどう かずあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.獅々堀 正幹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) マッチングルールの作成と論文作成の指導を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.青江 順一
役割 (任意): (英)   (日) 研究の提案指導を行い,評価方法を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Rules for Describing Multi-Attribute Information and Its Efficient Pattern Matching  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 従来,単一のキーをマッチングする手法は存在するが,英語の熟語などに見られる"not only ∼, but also ∼"のように分離されたキーに対するマッチング手法は正規表現によるものであった.しかしながら,自然言語を対象にした場合,正規表現の記述能力では限界がある.そこで,本論文では,非決定性有限状態オートマトンを用いた記述言語と効率的なパターンマッチング手法を提案する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of IEEE First International Conference on Intelligent Processing Systems (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 953 957 [継承]
都市 (必須): 北京 (Beijing/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 10月 1日 (平成 9年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuaki Ando, Masami Shishibori and Jun-ichi Aoe : Rules for Describing Multi-Attribute Information and Its Efficient Pattern Matching, Proceedings of IEEE First International Conference on Intelligent Processing Systems, (巻), (号), 953-957, Beijing, Oct. 1997.
欧文冊子 ● Kazuaki Ando, Masami Shishibori and Jun-ichi Aoe : Rules for Describing Multi-Attribute Information and Its Efficient Pattern Matching, Proceedings of IEEE First International Conference on Intelligent Processing Systems, (巻), (号), 953-957, Beijing, Oct. 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 375376, Max(EOID) = 1006033.