『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118426)

EID=118426EID:118426, Map:0, LastModified:2005年2月25日(金) 22:34:29, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Seiichi Shin (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Decentralized High Gain Adaptive Control System Using Backstepping  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 筆者らが提案している分散型ハイゲイン適応制御は各サブシステムの相対次数が1であるという制約条件が必要であったが, この制約をbackstepping法を用いることによって緩和した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. of the 3rd IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 257 264 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 11月 初日 (平成 6年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Ikeda and Shin Seiichi : Decentralized High Gain Adaptive Control System Using Backstepping, Proc. of the 3rd IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation, (巻), (号), 257-264, Tokyo, Nov. 1994.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda and Shin Seiichi : Decentralized High Gain Adaptive Control System Using Backstepping, Proc. of the 3rd IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation, (巻), (号), 257-264, Tokyo, Nov. 1994.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.77, Max(EID) = 373285, Max(EOID) = 998648.