『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118417)

EID=118417EID:118417, Map:0, LastModified:2005年2月25日(金) 22:00:13, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Shigeyuki Takahara (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Sadaaki Miyamoto (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Fuzzy Control Rules and Stability Conditions  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ファジィ制御システムの安定性をナイキスト安定判別条件と絶対安定性条件の2点から考察した. 積和法とミニマックス法を取り上げ, 積和法の方が安定性を保証するパラメータの領域が広いという意味で, ミニマックス法に比べて優れているこをと示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. of the 2nd International Conference on Fuzzy Logic and Neural Networks (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 425 428 [継承]
都市 (任意): (英) Iizuka (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1992年 7月 17日 (平成 4年 7月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takahara Shigeyuki, Kenji Ikeda and Miyamoto Sadaaki : Fuzzy Control Rules and Stability Conditions, Proc. of the 2nd International Conference on Fuzzy Logic and Neural Networks, (巻), (号), 425-428, 1992.
欧文冊子 ● Takahara Shigeyuki, Kenji Ikeda and Miyamoto Sadaaki : Fuzzy Control Rules and Stability Conditions, Proc. of the 2nd International Conference on Fuzzy Logic and Neural Networks, (巻), (号), 425-428, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.38, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.