『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118300)

EID=118300EID:118300, Map:0, LastModified:2018年1月12日(金) 13:51:52, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.青江 順一
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として,研究手法の提案·評価を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hukuoka ichirou (日) 福岡 一郎 (読) ふくおか いちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.山本 米雄 (->個人[矢野 米雄])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 島田 良作 (読) しまだ りょうさく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 不変要素をもつスパース行列の実際的縮小法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 語い解析部,パーサのようなオートマトンに基づく処理系の解析表は,その要素の値が変化しない静的スパース行列で表現できる.本論文では,これらの解析表の統一的縮小法を与えるために静的スパース行列を対象とする効率的な縮小法を提案する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 電子情報通信学会論文誌(D) ([電子情報通信学会])
(resolved by 1880-4535)
ISSN: 1880-4535 (pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
(resolved by 1881-0225)
ISSN: 1880-4535 (pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): J63-D [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 1042 1049 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1980年 12月 初日 (昭和 55年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 青江 順一, 福岡 一郎, 山本 米雄, 島田 良作 : 不変要素をもつスパース行列の実際的縮小法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J63-D, No.12, 1042-1049, 1980年.
欧文冊子 ● Jun-ichi Aoe, ichirou Hukuoka, Yoneo Yamamoto and 島田 良作 : 不変要素をもつスパース行列の実際的縮小法, The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers D, Vol.J63-D, No.12, 1042-1049, 1980.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.57, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.