『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118216)

EID=118216EID:118216, Map:0, LastModified:2013年2月1日(金) 15:46:35, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科 [継承]
種別 (必須): 特許 [継承]
出願国 (必須): 1.日本国 [継承]
発明者 (必須): 1. (英) (日) 横川 洪 (読) よこがわ ひろし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 高坪 純治 (読) たかつぼ じゅんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.吉田 憲一
役割 (任意): (英)   (日) 解析,実験,考察,総括   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
出願人 (推奨): 1. (英) (日) .工業技術院長 (読) こうぎょうぎじゅついんちょう [継承]
名称 (必須): (英)   (日) AEセンサを用いた材料の亀裂長さ検出法   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 取付具上に間隔を置いて配置した発振AEセンサと受信用センサとを被検体に取り付けて,発振用AEセンサから既知のの高周波発振信号を発振させ,被検体を伝達した信号を受信信号として検出し,波形解析装置により,この両信号から被検体の伝達関数を求め,この伝達関数波形の初動部の変動値に基づいて材料の亀裂長さを検出する方法.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) アコースティックエミッション法 (読) あこーすてぃっくえみっしょんほう [継承]
2. (英) (日) 亀裂長さ検出 (読) きれつながさけんしゅつ [継承]
3.伝達関数 (transfer function) [継承]
4.周波数解析 (spectrum analysis/->キーワード[スペクトル解析]) [継承]
出願 (必須): 61-69374
出願年月日 (必須):
[継承]
開示 (必須): 62-225952
開示年月日 (必須):
[継承]
番号 (必須): 6-8805 [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 2月 2日 (平成 6年 2月 2日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 横川 洪, 高坪 純治, 吉田 憲一 : AEセンサを用いた材料の亀裂長さ検出法, 特願61-69374 ((@.date)), 特開62-225952 ((@.date)), 特許第6-8805号 (1994年2月).
欧文冊子 ● 横川 洪, 高坪 純治 and Kenichi Yoshida : AEセンサを用いた材料の亀裂長さ検出法, 61-69374 ((@.date)), 62-225952 ((@.date)), 6-8805 (Feb. 1994).

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 382813, Max(EOID) = 1022504.