『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=118061)

EID=118061EID:118061, Map:0, LastModified:2017年1月18日(水) 14:06:30, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Gordon and Breach Science Publishers (->組織[Taylor & Francis]) [継承]
著者 (必須): 1.金崎 英二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Surface Pressure Induced Dimorphic Conversion in Langmuir-Blodgett Films on Zinc Phthalocyanine  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,気水界面における亜鉛フタロシアニンLB膜の調製について論じたものである.この分子の気水界面での極限面積は1分子当たり(39±1)x10-20m2であった.ネサ膜ガラス上に移しとった 単分子膜の吸収スペクトル中には新たな吸収帯が観測された.この吸収帯は二次的な構造変化に起因すると結論し,その変化に必要なエンタルピ-変化を0.3kJ/mol≦DH≦0.5kJ/molと見積もった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Gordon and Breach Science Publishers (->組織[Taylor & Francis]) [継承]
誌名 (必須): (英) Molecular Crystals and Liquid Crystals Letters (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 101 108 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1988年 6月 初日 (昭和 63年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kanezaki : Surface Pressure Induced Dimorphic Conversion in Langmuir-Blodgett Films on Zinc Phthalocyanine, Molecular Crystals and Liquid Crystals Letters, Vol.5, No.3, 101-108, 1988.
欧文冊子 ● Eiji Kanezaki : Surface Pressure Induced Dimorphic Conversion in Langmuir-Blodgett Films on Zinc Phthalocyanine, Molecular Crystals and Liquid Crystals Letters, Vol.5, No.3, 101-108, 1988.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.15, Max(EID) = 382174, Max(EOID) = 1020897.