『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117901)

EID=117901EID:117901, Map:0, LastModified:2015年1月22日(木) 14:45:38, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
著者 (必須): 1.妹尾 真紀子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Takikawa Seiichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.妹尾 真紀子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 均
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察,総括   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Radical Polymerization Behavior of N-Acryloyl-2,2-dimethyl-5(R)-phenyl-1,3-oxazolidine  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 標題のオキサゾリヂンの重合をアゾ開始剤を用いて50-70℃の温度範囲で行ない,その重合を動力学的に,またESRを用いて研究した.その結果,単独重合の全活性化エネルギーが82kJ/mol,また重合の速度が,アゾ開始剤濃度の0.5次,モノマー濃度の1.0次に比例し,通常のラジカル重合機構で反応が進行していることが分かった.また,ESRでその成長ラジカルを検出することが出来たので,種々の温度範囲で素反応速度定数を求め重合機構について調べた.さらに,このモノマーはスチレンと共重合することも分かった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Macromolecules ([アメリカ化学会])
(resolved by 0024-9297)
ISSN: 0024-9297 (pISSN: 0024-9297, eISSN: 1520-5835)
Title: Macromolecules
Title(ISO): Macromolecules
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1520-5835)
ISSN: 0024-9297 (pISSN: 0024-9297, eISSN: 1520-5835)
Title: Macromolecules
Title(ISO): Macromolecules
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 28 [継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): 4795 4800 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 7月 初日 (平成 7年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1021/ma00118a002    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意): A1995RH91600002 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Makiko Seno, Seiichi Takikawa, Makiko Seno and Hitoshi Tanaka : Radical Polymerization Behavior of N-Acryloyl-2,2-dimethyl-5(R)-phenyl-1,3-oxazolidine, Macromolecules, Vol.28, No.14, 4795-4800, 1995.
欧文冊子 ● Makiko Seno, Seiichi Takikawa, Makiko Seno and Hitoshi Tanaka : Radical Polymerization Behavior of N-Acryloyl-2,2-dimethyl-5(R)-phenyl-1,3-oxazolidine, Macromolecules, Vol.28, No.14, 4795-4800, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.53, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.