『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117810)

EID=117810EID:117810, Map:0, LastModified:2019年8月27日(火) 14:26:16, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
著者 (必須): 1.田中 均
役割 (任意): (英)   (日) アイデア,計画,実験,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Teraoka Yasunobu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐藤 恒之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ota Tadatoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Radical Polymerization of Vinyl Monomers by Captodative Substituted Dimers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 従来のアゾあるいは過酸化物系ラジカル開始剤の欠点を補い,かつ機能性を併せ持った新しいタイプのラジカル重合開始剤が,最近,合成され始めた.本報告は,キャプトデイティブ置換された炭素原子を隣接位にもつ新しいタイプのエタン開始剤の合成とその開始能について研究したものである.その結果,このエタンは,スチレン,メタクリル酸メチルだけでなく,従来この種の開始剤では不可能であった酢酸ビニルの重合も開始することが分かった.さらに,この優れた触媒能が,準安定なキャプトデイティブ置換炭素ラジカルの生成に起因していることも分かった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Macromolecular Chemistry and Physics ([Wiley-VCH])
(pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)

ISSN (任意): 1521-3935
ISSN: 1022-1352 (pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)
Title: Macromolecular chemistry and physics
Title(ISO): Macromol Chem Phys
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 194 [継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 2719 2724 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1993年 10月 初日 (平成 5年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1002/macp.1993.021941007    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Tanaka, Yasunobu Teraoka, Tsuneyuki Sato and Tadatoshi Ota : Radical Polymerization of Vinyl Monomers by Captodative Substituted Dimers, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.194, No.10, 2719-2724, 1993.
欧文冊子 ● Hitoshi Tanaka, Yasunobu Teraoka, Tsuneyuki Sato and Tadatoshi Ota : Radical Polymerization of Vinyl Monomers by Captodative Substituted Dimers, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.194, No.10, 2719-2724, 1993.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 363222, Max(EOID) = 972431.