『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117728)

EID=117728EID:117728, Map:0, LastModified:2005年2月25日(金) 20:56:24, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意): 90 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Toshiyuki Kitamori (日) 北森 俊行 (読) きたもり としゆき
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A design of MRACS for linear plants with unknown relative degrees  (日) 相対次数に依存しない連続時間MRACSの構成   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 制御対象の相対次数は入力から出力までの位相遅れの最大値を表す指標である. モデル規範型適応制御においてパラメータ調整を行う場合, 入力から出力までの位相遅れを補正して, 線形部を正実化しなければ安定性を保証することができない. 拡張誤差信号を用いる手法に代表される正実化手法は, 基本的には制御対象の相対次数という事前情報が必要であった. 本論文では, その制約を緩和して, 相対次数の上限がわかっているという仮定の下, モデル規範型適応制御系の提案と, パラメータの有界性と出力誤差の0への収束性を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) adaptive control (日) (読) [継承]
2. (英) relative degree (日) (読) [継承]
3. (英) stability (日) (読) [継承]
4. (英) model reference control (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): 計測自動制御学会論文集 ([計測自動制御学会])
(resolved by 0453-4654)
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1883-8189)
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 27 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 49 55 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 1月 初日 (平成 3年 1月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 池田 建司, 北森 俊行 : 相対次数に依存しない連続時間MRACSの構成, 計測自動制御学会論文集, Vol.27, No.1, 49-55, 1991年.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda and Kitamori Toshiyuki : A design of MRACS for linear plants with unknown relative degrees, Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol.27, No.1, 49-55, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.90, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.