『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=11771)

EID=11771EID:11771, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 17:47:55, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2000年 (平成 12年) [継承]
名称 (必須): (英) Seminar on Mechanical Engineering (日) 機械工学セミナー (読) きかいこうがくせみなー
[継承]
コース (必須): 1.2000/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.猪子 富久治
肩書 (任意):
[継承]
2.坂巻 清司
肩書 (任意):
[継承]
3.山田 勝稔
肩書 (任意):
[継承]
4.逢坂 昭治
肩書 (任意):
[継承]
5.福富 純一郎
肩書 (任意):
[継承]
6.中瀬 敬之
肩書 (任意):
[継承]
7.森岡 斎
肩書 (任意):
[継承]
8.今枝 正夫
肩書 (任意):
[継承]
9.小西 克信
肩書 (任意):
[継承]
10.芳村 敏夫
肩書 (任意):
[継承]
11.佐藤 悌介
肩書 (任意):
[継承]
12.英 崇夫
肩書 (任意):
[継承]
13.村上 理一
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 機械工学の全貌が概観でき,その内容と将来の発展に関心を持ち続づけられるよう,エールを送る のが講義の目的である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 卒業を前にして,機械工学の発展の歴史,現在の課題,未来への展望などを各教官の専門分野の話題を通 して講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 機械を構成する部材に生じる変形と力  
[継承]
2.(英)   (日) 材料の微視構造と新材料の開発動向  
[継承]
3.(英)   (日) 機械の破壊の仕組みと防止方法  
[継承]
4.(英)   (日) 応力解析に対する計算機の利用  
[継承]
5.(英)   (日) 流体エネルギーの利用について  
[継承]
6.(英)   (日) 流れの中野物体に働く揚力と抗力  
[継承]
7.(英)   (日) 熱エネルギーの利用について  
[継承]
8.(英)   (日) 熱エネルギー輸送管内の流動現象  
[継承]
9.(英)   (日) 機械振動の制御  
[継承]
10.(英)   (日) 自動制御の歴史  
[継承]
11.(英)   (日) ロボット工学の将来  
[継承]
12.(英)   (日) 加工と生産システムの歴史  
[継承]
13.(英)   (日) X線による応力測定  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポート提出を課す.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 使わない.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 各週の講義ではOHP等で具体的な説明があり,テーマごとにプリント等が参考資料として配付される. 参考書は,講義の中で随時紹介される.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 各テーマの講義について,毎回,レポートの提出が義務づけられる. このレポートの提出と出席を総合して評価する.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2000/機械工学セミナー) 閲覧 【授業概要】(2001/機械工学セミナー)

標準的な表示

和文冊子 ● 機械工学セミナー / Seminar on Mechanical Engineering
欧文冊子 ● Seminar on Mechanical Engineering / 機械工学セミナー

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 2, LA = 0.63, Max(EID) = 382200, Max(EOID) = 1020948.