『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117686)

EID=117686EID:117686, Map:0, LastModified:2006年10月4日(水) 10:46:32, Operator:[高木 真由美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.野田 稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.宗田 和之 ([徳島大学.工学部.建設工学科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) .他5名 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 構造物の対風応答と強風特性に関する実験的研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 構造物周辺の地表面粗度が変化した場合の強風特性について風洞実験によって調査検討したものである.滑面から粗面に粗度が急変した場合に,境界層の発達が極めて早くなる結果が得られたが,境界層が十分に発達した状態における粗度の変化が得られておらず,今後,この点に関する追加検討が必要である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 徳島大学工学部建設工学科風工学研究室 (読) [継承]
誌名 (必須):
(必須):
(必須):
(必須): 1 44 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1997年 3月 末日 (平成 9年 3月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宇都宮 英彦, 長尾 文明, 野田 稔, 宗田 和之, 他5名 : 構造物の対風応答と強風特性に関する実験的研究, (誌名), (巻), (号), 1-44, 1997年3月.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao, Minoru Noda, Kazuyuki Muneta and 他5名 : 構造物の対風応答と強風特性に関する実験的研究, (誌名), (巻), (号), 1-44, March 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 375726, Max(EOID) = 1006734.