『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117629)

EID=117629EID:117629, Map:0, LastModified:2005年2月23日(水) 10:58:29, Operator:[久保 智裕], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[久保 智裕], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.久保 智裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意): (英)   (日) 理論展開,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Shimemura, Etsujiro (日) 示村 悦二郎 (読) しめむら えつじろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Riccati Equation for a Cantilever Beam with an Actuator at its End  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 最適レギュレータは制御対象が分布定数系の場合でも構成可能であるが,そのためには無限次元リカッチ方程式の解が必要となる.この方程式の形は制御対象の構造から具体的に決定される.本研究では混合定数系の一例として先端にアクチュエータをもつ片もち梁をとりあげ,これに対するリカッチ方程式の形を具体的に示している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proc. 32nd SICE Annual Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 1035 1038 [継承]
都市 (必須): 金沢 (Kanazawa/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1993年 8月 4日 (平成 5年 8月 4日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tomohiro Kubo and Etsujiro Shimemura : Riccati Equation for a Cantilever Beam with an Actuator at its End, Proc. 32nd SICE Annual Conference, (巻), (号), 1035-1038, Kanazawa, Aug. 1993.
欧文冊子 ● Tomohiro Kubo and Etsujiro Shimemura : Riccati Equation for a Cantilever Beam with an Actuator at its End, Proc. 32nd SICE Annual Conference, (巻), (号), 1035-1038, Kanazawa, Aug. 1993.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 372561, Max(EOID) = 996460.