『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117169)

EID=117169EID:117169, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 21:07:50, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tojo Kazuto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Yaw Angle Wind on the Aerodynamic Stability of a Rectangular Cylinder  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2次元剛体模型と3次元弾性模型を用いて,矩形断面の渦励振応答に及ぼす斜風の影響を可視化実験等により調査したものである.斜風中に置かれた構造物前縁部からの剥離流れは,構造物の軸に直交方向に傾くが,その剥離流の内側の流れは逆に軸方向に偏り,3次元的に複雑な流れが形成されていることを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of 3rd International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): AI17 AI20 [継承]
都市 (必須): (英) Blacksburg, VA, USA (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 7月 28日 (平成 8年 7月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao and Kazuto Tojo : Effect of Yaw Angle Wind on the Aerodynamic Stability of a Rectangular Cylinder, Proceedings of 3rd International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, (巻), (号), AI17-AI20, Blacksburg, VA, USA, July 1996.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao and Kazuto Tojo : Effect of Yaw Angle Wind on the Aerodynamic Stability of a Rectangular Cylinder, Proceedings of 3rd International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, (巻), (号), AI17-AI20, Blacksburg, VA, USA, July 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.99, Max(EID) = 375446, Max(EOID) = 1006195.