『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117163)

EID=117163EID:117163, Map:0, LastModified:2005年7月13日(水) 13:55:47, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Manabe Shouji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kawase atushi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Improvement of Aerodynamic Behaviors for Box Girder Bridges with Triangular Fairings  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 桁高·幅員比が同じで,張出し長さやウェブの傾斜角をパラメトリックに変化させた箱型断面を対象として,断面の端部に設置した三角形フェアリングの渦励振応答に及ぼす影響について,風洞実験によって検討したものである.断面形状とフェアリングの組合せによっては,断面前縁部からの剥離渦を抑制する場合と逆に安定した強い剥離渦を新たに形成する場合もあることを示し,フェアリング選定指標を示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of 3rd Asia-Pacific Symposium on Wind Engineering (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須):
(必須): 77 82 [継承]
都市 (必須): 香港 (Hong Kong/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1993年 12月 13日 (平成 5年 12月 13日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya, Shouji Manabe and atushi Kawase : Improvement of Aerodynamic Behaviors for Box Girder Bridges with Triangular Fairings, Proceedings of 3rd Asia-Pacific Symposium on Wind Engineering, Vol.1, (号), 77-82, Hong Kong, Dec. 1993.
欧文冊子 ● Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya, Shouji Manabe and atushi Kawase : Improvement of Aerodynamic Behaviors for Box Girder Bridges with Triangular Fairings, Proceedings of 3rd Asia-Pacific Symposium on Wind Engineering, Vol.1, (号), 77-82, Hong Kong, Dec. 1993.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.08, Max(EID) = 375726, Max(EOID) = 1006734.