『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117158)

EID=117158EID:117158, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 19:45:06, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Aerodynamic Properties of Divergence Type Suspension Bridge  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 超長大橋の新たな設計手法として,リチャードソンの提案したツインブリッジの概念(連成フラッタの発生を抑制し,橋梁に生じる空力不安定現象をダイバージェンスのみとする.)を利用し,構造上問題のあるツインブリッジを実現可能な橋梁形式として,たわみとねじれの固有振動数を桁端部に質量を付与することによって調整し,同時にダイバージェンス発生風速を高めるような桁端部形状を検討したものである.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the International Conference on Flow Induced Vibrations (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 243 250 [継承]
都市 (必須): (英) Bowness-on-Windermere, England (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1987年 5月 12日 (昭和 62年 5月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya and Fumiaki Nagao : The Aerodynamic Properties of Divergence Type Suspension Bridge, Proceedings of the International Conference on Flow Induced Vibrations, (巻), (号), 243-250, Bowness-on-Windermere, England, May 1987.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya and Fumiaki Nagao : The Aerodynamic Properties of Divergence Type Suspension Bridge, Proceedings of the International Conference on Flow Induced Vibrations, (巻), (号), 243-250, Bowness-on-Windermere, England, May 1987.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.93, Max(EID) = 375446, Max(EOID) = 1006195.