『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117146)

EID=117146EID:117146, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 17:25:56, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 佐野 演秀 (読) さの
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ダイバージェンス型吊橋のフラッターについての2,3の考察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 捩れと曲げの振動数比を1付近に設定した長大吊橋において発生する捩れフラッターと曲げ捩れフラッターの発生形態についてベクトル図を用いて空気力を準定常的に捉えて検討したものである.その結果,振動数比が1に近い場合の捩れフラッター及び曲げ捩れフラッターでは,曲げ振動が一種の強制振動として発生することにより,連成空気力が励振力として作用し,2自由度フラッターとして作用している可能性が高いことを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 構造工学論文集 ([社団法人 土木學會])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 38A [継承]
(必須):
(必須): 909 918 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 3月 末日 (平成 4年 3月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 佐野 演秀, 宇都宮 英彦, 長尾 文明 : ダイバージェンス型吊橋のフラッターについての2,3の考察, 構造工学論文集, Vol.38A, (号), 909-918, 1992年.
欧文冊子 ● 佐野 演秀, Hidehiko Utsunomiya and Fumiaki Nagao : ダイバージェンス型吊橋のフラッターについての2,3の考察, Journal of Structural Engineering, Vol.38A, (号), 909-918, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 375446, Max(EOID) = 1006195.