『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117145)

EID=117145EID:117145, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 17:22:00, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 山本 裕一 (読) やまもと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 充腹断面橋梁の渦励振応答に及ぼす斜風の影響に関する考察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 充腹断面橋梁の渦励振応答に対する斜風の影響を,水平偏角に伴う見かけの桁高比の変化に着目し,形状効果による応答変化から検討した.桁高比2,2.5,6の断面に対して水平偏角を設定した場合,渦励振の発生する風速域は水平偏角の増加とともに高風速側に移動する.最大振幅は斜風時の気流が橋軸直交方向に偏る現象に起因しており,水平偏角の増加とほとんど無関係であることを明らかとした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 構造工学論文集 ([社団法人 土木學會])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 38A [継承]
(必須):
(必須): 899 907 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 3月 末日 (平成 4年 3月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山本 裕一, 宇都宮 英彦, 長尾 文明 : 充腹断面橋梁の渦励振応答に及ぼす斜風の影響に関する考察, 構造工学論文集, Vol.38A, (号), 899-907, 1992年.
欧文冊子 ● 山本 裕一, Hidehiko Utsunomiya and Fumiaki Nagao : 充腹断面橋梁の渦励振応答に及ぼす斜風の影響に関する考察, Journal of Structural Engineering, Vol.38A, (号), 899-907, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.83, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006572.