『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117144)

EID=117144EID:117144, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 17:15:50, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 白石 成人 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 松本 勝 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 構造物周辺小地形の構造物に及ぼす耐風工学的影響評価   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 構造物周辺小地形の構造物に及ぼす耐風工学的影響を,構造物の応答特性と気流特性の関係並びに小地形の気流特性に及ぼす影響を利用して,風向毎に定性的に推定する手法を提案した.具体的な事例として,関門橋と因島大橋の主塔の渦励振応答を取り上げ,周辺地形の状況から渦励振が発生しやすい風況特性が形成されていることが明らかとなり,本推定法の妥当性が示された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第11回風工学シンポジウム論文集 (読) かぜこうがくしんぽじうむろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 299 304 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1990年 12月 1日 (平成 2年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 長尾 文明, 宇都宮 英彦, 白石 成人, 松本 勝 : 構造物周辺小地形の構造物に及ぼす耐風工学的影響評価, 第11回風工学シンポジウム論文集, (巻), (号), 299-304, 1990年.
欧文冊子 ● Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya, 白石 成人 and 松本 勝 : 構造物周辺小地形の構造物に及ぼす耐風工学的影響評価, 第11回風工学シンポジウム論文集, (巻), (号), 299-304, 1990.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.20, Max(EID) = 375446, Max(EOID) = 1006195.