『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117130)

EID=117130EID:117130, Map:0, LastModified:2005年2月16日(水) 15:46:38, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,現地観測,実験,考察,論文作成の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 平岡 盾樹 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 局所風況の推定に関する基礎的研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 複雑な地形周辺の局所的な風況を地形模型実験によって推定するための基礎資料を得ることを目的とするものであり,現地強風観測結果と2種類の縮尺地形模型(水平縮尺1/1000,鉛直縮尺1/500のいわゆる``ひずみ模型''と縮尺1/1500のひずまない模型)を使用した実験結果を比較検討することにより,地形模型実験の有効性並びに模型のひずみが実験結果に及ぼす影響を調査検討したものである.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第9回風工学シンポジウム論文集 (読) かぜこうがくしんぽじうむろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 49 54 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1986年 12月 1日 (昭和 61年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宇都宮 英彦, 長尾 文明, 平岡 盾樹 : 局所風況の推定に関する基礎的研究, 第9回風工学シンポジウム論文集, (巻), (号), 49-54, 1986年.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao and 平岡 盾樹 : 局所風況の推定に関する基礎的研究, 第9回風工学シンポジウム論文集, (巻), (号), 49-54, 1986.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.35, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006572.