『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117056)

EID=117056EID:117056, Map:0, LastModified:2005年3月11日(金) 12:52:44, Operator:[西野 秀郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西野 秀郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Nagashima, Kenji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西野 秀郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takemoto, Mikio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ono, Kanji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Fracture dynamics in notched PMMA plates by Lamb wave AE analysis  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) Lamb波のAE解析による PMMAの不規則破壊とクレージング(環境微細亀裂;ケミカルクラック)の挙動解析を行った.第1に,表面亀裂法と併用することで,不規則破壊が起きていることを確認した.クレージングの計測では,増幅率を挙げて実験した結果,不規則破壊の大きさの10の5乗程小さい値が得られることを初めて観察出来た.立上がり時間の推定では,不規則破壊とクレージングで大きな差異は見られなかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Progress in acoustic emission (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): X [継承]
(必須):
(必須): 29 34 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 11日 (平成 12年 9月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Nagashima, Hideo Nishino, Mikio Takemoto and Kanji Ono : Fracture dynamics in notched PMMA plates by Lamb wave AE analysis, Progress in acoustic emission, Vol.X, (号), 29-34, Tokyo, Sep. 2000.
欧文冊子 ● Kenji Nagashima, Hideo Nishino, Mikio Takemoto and Kanji Ono : Fracture dynamics in notched PMMA plates by Lamb wave AE analysis, Progress in acoustic emission, Vol.X, (号), 29-34, Tokyo, Sep. 2000.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 11.68, Max(EID) = 383950, Max(EOID) = 1026995.