『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=117054)

EID=117054EID:117054, Map:0, LastModified:2005年3月11日(金) 12:26:19, Operator:[西野 秀郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西野 秀郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Uchida, Fukutoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西野 秀郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takemoto, Mikio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ono, Kanji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Cylinder wave analysis for source location and fracture dynamics of stress crrosion cracking of brass tube  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) パイプを伝搬するガイド波の特徴を用いて,パイプの欠陥位置評定および破壊挙動解析法を構築した.LmodeとFmodeの群速度差を利用した位置評定手法では,最大で6%の推定誤差で位置評定が可能であった.アンモニアによる黄銅の応力腐食割れの破壊でもこれらを確認している.破壊挙動解析では,L(0,1)modeを用いた波形シミュレーションより高速な粒界割れがアンモニア応力腐食割れが原因で発生していることを確認できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Progress in acoustic emission (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): X [継承]
(必須):
(必須): 141 146 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 11日 (平成 12年 9月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Fukutoshi Uchida, Hideo Nishino, Mikio Takemoto and Kanji Ono : Cylinder wave analysis for source location and fracture dynamics of stress crrosion cracking of brass tube, Progress in acoustic emission, Vol.X, (号), 141-146, Tokyo, Sep. 2000.
欧文冊子 ● Fukutoshi Uchida, Hideo Nishino, Mikio Takemoto and Kanji Ono : Cylinder wave analysis for source location and fracture dynamics of stress crrosion cracking of brass tube, Progress in acoustic emission, Vol.X, (号), 141-146, Tokyo, Sep. 2000.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 8.58, Max(EID) = 383987, Max(EOID) = 1027211.