『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116960)

EID=116960EID:116960, Map:0, LastModified:2007年5月24日(木) 11:51:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河野 文昭], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.大栗 孝文
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.河野 文昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.市川 哲雄 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面補綴学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Matsumoto Naoyuki (日) 松本 直之 (読) まつもと なおゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Influence of Buccal Interocclusal Distance on the Pressure Distribution  (日) 頬側咬頭間隙量が負担圧分布に及ぼす影響   [継承]
副題 (任意): (英) In Vitro Study  (日) シミュレーターによる検討   [継承]
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) complete denture (日) (読) [継承]
2. (英) lingualized occlusion (日) (読) [継承]
3. (英) buccal interocclusal distance (日) (読) [継承]
4. (英) pressure distribution (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本補綴歯科学会 [継承]
誌名 (必須): 日本補綴歯科学会雑誌 ([日本補綴歯科学会])
(resolved by 0389-5386)
ISSN: 0389-5386 (pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
Title: Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人日本補綴歯科学会
Publisher: Nihon Hotetsu shika Gakkai/Japan Prosthodontic Society
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1883-177X)
ISSN: 0389-5386 (pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
Title: Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人日本補綴歯科学会
Publisher: Nihon Hotetsu shika Gakkai/Japan Prosthodontic Society
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 44 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 394 403 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 6月 10日 (平成 12年 6月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 大栗 孝文, 河野 文昭, 市川 哲雄, 松本 直之 : 頬側咬頭間隙量が負担圧分布に及ぼす影響, --- シミュレーターによる検討 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, No.3, 394-403, 2000年.
欧文冊子 ● Takafumi Ohguri, Fumiaki Kawano, Tetsuo Ichikawa and Naoyuki Matsumoto : Influence of Buccal Interocclusal Distance on the Pressure Distribution, --- In Vitro Study ---, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.44, No.3, 394-403, 2000.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.58, Max(EID) = 373306, Max(EOID) = 998773.