『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116943)

EID=116943EID:116943, Map:0, LastModified:2011年7月26日(火) 10:56:46, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.エコシステム工学専攻.高圧化学工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田村 勝弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transitions of lipid bilayer membranes  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 一連の全身麻酔薬をジミリストイルフォスファチジルコリン二重膜に加え,前転移温度と主転移温度を透過率を測定する方法で決定した.得られた転移温度対麻酔濃度,転移温度対圧力には直線関係のあることが分かった.これらの直線の傾きをもとに,熱力学的手法で麻酔薬の膜への移行に伴う体積変化を見積もり,麻酔作用メカニズムの検討に利用した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Workshop on Anesthetic Mechanisms (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 12月 初日 (平成 6年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki and Katsuhiro Tamura : The effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transitions of lipid bilayer membranes, International Workshop on Anesthetic Mechanisms, (巻), (号), (頁), Takamatsu, Dec. 1994.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki and Katsuhiro Tamura : The effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transitions of lipid bilayer membranes, International Workshop on Anesthetic Mechanisms, (巻), (号), (頁), Takamatsu, Dec. 1994.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.73, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.