『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116931)

EID=116931EID:116931, Map:0, LastModified:2011年7月22日(金) 16:35:37, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.高圧化学工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.田村 勝弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transition of DPPC vesicles  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ジパルミトイルフォスファチジルコリン(DPPC)ベジクルの相転移温度に及ぼす圧力と臨床に使用されている吸入麻酔薬の影響を「圧力-麻酔作用」拮抗の観点から調べた結果を報告.圧力には生体膜から麻酔薬を絞り出す効果があり,これが加圧による麻酔効果の低下を引き起こすと結論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 7th International Conference of Surface and Colloid Science (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): (英) Compiegne (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1991年 7月 初日 (平成 3年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina and Katsuhiro Tamura : Effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transition of DPPC vesicles, 7th International Conference of Surface and Colloid Science, Compiegne, July 1991.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina and Katsuhiro Tamura : Effects of pressure and inhalation anesthetics on the phase transition of DPPC vesicles, 7th International Conference of Surface and Colloid Science, Compiegne, July 1991.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.64, Max(EID) = 372606, Max(EOID) = 996864.