『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116899)

EID=116899EID:116899, Map:0, LastModified:2005年3月12日(土) 19:31:46, Operator:[小西 克信], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[日野 順市], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.日野 順市 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース])
役割 (任意): (英)   (日) 解析手法の開発と全体のまとめ   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.芳村 敏夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意): 10 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ananthanarayana N (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A finite element method prediction of the vibration of bridge subjected to a moving vehicle load  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,インドブラマプトラ川に建設予定のコンクリート橋の振動応答を有限要素法により予測したものである.片持ち状の変断面ボックス構造部がメインの橋梁で,橋脚間に2つの変断面片持ち梁と1つの小スパンの一様形状梁からなる.重み付き残差法であるガラーキン法をもとにした定式化を行い数値積分法により移動荷重が走行する際の振動応答を計算した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Academic Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): (英) Journal of Sound and Vibration (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 96 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 43 53 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1984年 9月 初日 (昭和 59年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junichi Hino, Toshio Yoshimura, Katsunobu Konishi and N Ananthanarayana : A finite element method prediction of the vibration of bridge subjected to a moving vehicle load, Journal of Sound and Vibration, Vol.96, No.1, 43-53, 1984.
欧文冊子 ● Junichi Hino, Toshio Yoshimura, Katsunobu Konishi and N Ananthanarayana : A finite element method prediction of the vibration of bridge subjected to a moving vehicle load, Journal of Sound and Vibration, Vol.96, No.1, 43-53, 1984.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 0.97, Max(EID) = 366734, Max(EOID) = 982358.