『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116584)

EID=116584EID:116584, Map:0, LastModified:2012年10月31日(水) 11:34:35, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.研究支援・産官学連携センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sano Shigeru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Yokono Satoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kinoshita Hiroyuki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ogli Kenji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.佐竹 弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Kageyama Takuo (日) 影山 卓男 (読) かげやま たくお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Intra-axonal Continuous Measurement of Lidocaine Concentration and pH in Squid Giant Axon  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬リドカインによるイカ巨大神経軸索中における活動電位の消失と再生を軸索内リドカイン濃度およびpH変化から検討した.活動電位の消失は高いpH(7.8,9.0)のリドカイン投与の時のみで起こり,pH 9.0の時がpH 7.8よりも早く遮断し,回復時間も長くかかった.軸索原形質内の解離型リドカイン濃度はpH 9.0の方がpH 7.8よりも低かった.非解離型リドカインが軸索膜と軸索原形質に移行し,蓄積されることが神経伝導遮断に大きな役割を果たしていることを明確にした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Canadian Journal of Anaesthesia (Canadian Anesthesiologists' Society)
(resolved by 0832-610X)
ISSN: 0832-610X (pISSN: 0832-610X, eISSN: 1496-8975)
Title: Canadian journal of anaesthesia = Journal canadien d'anesthesie
Title(ISO): Can J Anaesth
Publisher: Springer New York
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1496-8975)
ISSN: 0832-610X (pISSN: 0832-610X, eISSN: 1496-8975)
Title: Canadian journal of anaesthesia = Journal canadien d'anesthesie
Title(ISO): Can J Anaesth
Publisher: Springer New York
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 46 [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 1156 1163 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 12月 1日 (平成 11年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shigeru Sano, Satoshi Yokono, Hiroyuki Kinoshita, Kenji Ogli, Hiromu Satake, Takuo Kageyama and Shoji Kaneshina : Intra-axonal Continuous Measurement of Lidocaine Concentration and pH in Squid Giant Axon, Canadian Journal of Anaesthesia, Vol.46, No.12, 1156-1163, 1999.
欧文冊子 ● Shigeru Sano, Satoshi Yokono, Hiroyuki Kinoshita, Kenji Ogli, Hiromu Satake, Takuo Kageyama and Shoji Kaneshina : Intra-axonal Continuous Measurement of Lidocaine Concentration and pH in Squid Giant Axon, Canadian Journal of Anaesthesia, Vol.46, No.12, 1156-1163, 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.