『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116567)

EID=116567EID:116567, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:23, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Mitsuru (日) 田中 満 (読) たなか みつる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 実験,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Sugihara Gohsuke (日) 杉原剛介 (読) すぎはら ごうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Effect of Pressure on the Micellization and Solution Behavior of Surfactants in Water  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 陽イオン界面活性剤,臭化アルキルトリメチルアンモニウムの臨界ミセル濃度(cmc)におよぼす圧力効果を2500気圧までの範囲で決定した.cmcは約800気圧で極大となった.ミセルへの対イオン結合度は加圧によりわずかに増加した.溶解度とcmcの温度および圧力依存より,ミセル,モノマー,水和結晶の間の温度-圧力-組成相図を作成した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Poc. 7th Int. Cong. Surf. Act. Substances (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 757 764 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1976年 9月 1日 (昭和 51年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Mitsuru Tanaka, Shoji Kaneshina and Gohsuke Sugihara : The Effect of Pressure on the Micellization and Solution Behavior of Surfactants in Water, Poc. 7th Int. Cong. Surf. Act. Substances, (巻), (号), 757-764, 1976.
欧文冊子 ● Mitsuru Tanaka, Shoji Kaneshina and Gohsuke Sugihara : The Effect of Pressure on the Micellization and Solution Behavior of Surfactants in Water, Poc. 7th Int. Cong. Surf. Act. Substances, (巻), (号), 757-764, 1976.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.30, Max(EID) = 372484, Max(EOID) = 996185.