『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116565)

EID=116565EID:116565, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:23, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 解析,実験,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Tanaka Mitsuru (日) 田中 満 (読) たなか みつる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Matuura Ryohei (日) 松浦 良平 (読) まつうら りょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Effect of Temperature and Pressure on the Micelle Formation of Surfactants in Water-Organic Solvent Mixtures  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 水-有機混合溶媒中における界面活性剤のミセル形成におよぼす温度と圧力の効果を検討した.メタノール,ジオキサンでは20 %まで,1-ブタノールでは5.5 %までの混合溶媒中でSDSおよびDTAB界面活性剤のcmcを決定し,熱力学式を用いてミセル形成の体積変化,エントロピー変化を見積もった.溶媒効果および可溶化効果について考察が加えられた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Mem. Fac. Sci. Kyushu Univ. (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 71 84 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1974年 3月 1日 (昭和 49年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina, Mitsuru Tanaka and Ryohei Matuura : The Effect of Temperature and Pressure on the Micelle Formation of Surfactants in Water-Organic Solvent Mixtures, Mem. Fac. Sci. Kyushu Univ., Vol.9, No.1, 71-84, 1974.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina, Mitsuru Tanaka and Ryohei Matuura : The Effect of Temperature and Pressure on the Micelle Formation of Surfactants in Water-Organic Solvent Mixtures, Mem. Fac. Sci. Kyushu Univ., Vol.9, No.1, 71-84, 1974.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 1.00, Max(EID) = 372612, Max(EOID) = 996871.