『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116559)

EID=116559EID:116559, Map:0, LastModified:2011年2月1日(火) 14:50:03, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Aoki Koichiro (日) 青木 幸一郎 (読) あおき こういちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 実験,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ヒト血清およびニワトリ卵白に対する界面活性剤の影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ヒト血清およびニワトリ卵白に含まれるタンパク質成分と界面活性剤の相互作用をアクリルアミドゲル電気泳動法によって調べた.ヒト血清にドデシル硫酸ナトリウム(SDS)と臭化ドデシルトリメチルアンモニウム(DTAB)を添加すると沈殿を生ずるが,さらに添加すると再溶解される.血清中のアルブミンはDTABと反応し,会合体を形成する.ニワトリ卵白はDTABを添加するとほとんどの成分が沈殿した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 株式会社 広信社 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 油化学 (読) ゆかがく
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 19 [継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 972 978 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1970年 10月 1日 (昭和 45年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 青木 幸一郎, 金品 昌志 : ヒト血清およびニワトリ卵白に対する界面活性剤の影響, 油化学, Vol.19, No.10, 972-978, 1970年.
欧文冊子 ● Koichiro Aoki and Shoji Kaneshina : ヒト血清およびニワトリ卵白に対する界面活性剤の影響, 油化学, Vol.19, No.10, 972-978, 1970.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.