『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116551)

EID=116551EID:116551, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:24, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Matubayasi Norihiro (日) 松林 法寛 (読) まつばやし のりひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Motomura Kinsi (日) 本村 欣士 (読) もとむら きんし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Nakamura Makoto (日) 中村 周 (読) なかむら まこと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Matuura Ryohei (日) 松浦 良平 (読) まつうら りょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Pressure on Interfacial Tension between Oil and Water  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 水と油(ヘキサン,オクタン,四塩化炭素,およびベンゼン)の間の界面張力を懸滴法により150 MPaまでの圧力範囲で決定する新しい方法を記述した.従来より高精度(±0.1 mN m-1)で界面の汚れを防止した結果,界面張力は加圧により単調に増加することが初めて明らかにされた.界面張力の圧力依存は熱力学的に界面形成の体積変化に関する情報を与え,水-油界面の形成は正の体積変化となることが明白となった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本化学会 [継承]
誌名 (必須): Bulletin of the Chemical Society of Japan ([社団法人 日本化学会])
(resolved by 0009-2673)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull Chem Soc Jpn
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1348-0634)
ISSN: 0009-2673 (pISSN: 0009-2673, eISSN: 1348-0634)
Title: Bulletin of the Chemical Society of Japan
Title(ISO): Bull Chem Soc Jpn
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 50 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 523 524 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1977年 2月 1日 (昭和 52年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Norihiro Matubayasi, Kinsi Motomura, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Effect of Pressure on Interfacial Tension between Oil and Water, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.50, No.2, 523-524, 1977.
欧文冊子 ● Norihiro Matubayasi, Kinsi Motomura, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Effect of Pressure on Interfacial Tension between Oil and Water, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.50, No.2, 523-524, 1977.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.