『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116546)

EID=116546EID:116546, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:24, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Shibata Osamu (日) 柴田 攻 (読) しばた おさむ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nakamura Makoto (日) 中村 周 (読) なかむら まこと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Matuura Ryohei (日) 松浦良平 (読) まつうら りょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Monolayers of Double Long - Chain Salts  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 陽イオンと陰イオンが共に長いアルキル鎖を有する二重長鎖塩が空気-水界面で形成する単分子膜の表面圧-面積曲線を測定し,膜状態の鎖長依存性について検討した.アルキルトリメチル-アルキルスルホネートの全炭素数が28以上で膨張膜となり,さらに炭素数が増すと膨張膜から凝縮膜への転移が観測され,36以上では凝縮膜のみが現われた.相転移圧の温度依存性から膜状態の熱力学的特徴を検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Academic Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Journal of Colloid and Interface Science ([Academic Press])
(resolved by 0021-9797)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1095-7103)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 77 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 182 188 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1980年 9月 1日 (昭和 55年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Osamu Shibata, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Monolayers of Double Long - Chain Salts, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.77, No.1, 182-188, 1980.
欧文冊子 ● Osamu Shibata, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Monolayers of Double Long - Chain Salts, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.77, No.1, 182-188, 1980.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.55, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.