『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116530)

EID=116530EID:116530, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:25, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Suezaki Yukio (日) 未崎 幸生 (読) すえざき ゆきお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ueda Issaku (日) 上田 一作 (読) うえだ いっさく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Statistical Mechanics of Pressure-Anesthetic Antagonism on the Phase Transition of Phospholipid Membranes: Interfacial Water Hypothesis  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) リン脂質二分子膜の相転移現象を利用した麻酔作用の圧拮抗モデルに統計力学的な考察を加えた.相転移温度が加圧により上昇し,麻酔薬添加により降下する事実を統計力学で定式化した.麻酔薬の分配係数が大きく,その温度依存性が非常に小さい事実から,麻酔薬の周辺および膜界面の水の解放を考慮に入れた統計力学は実験結果をよく再現した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Academic Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Journal of Colloid and Interface Science ([Academic Press])
(resolved by 0021-9797)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1095-7103)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 93 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 225 234 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1983年 5月 1日 (昭和 58年 5月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yukio Suezaki, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Statistical Mechanics of Pressure-Anesthetic Antagonism on the Phase Transition of Phospholipid Membranes: Interfacial Water Hypothesis, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.93, No.1, 225-234, 1983.
欧文冊子 ● Yukio Suezaki, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Statistical Mechanics of Pressure-Anesthetic Antagonism on the Phase Transition of Phospholipid Membranes: Interfacial Water Hypothesis, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.93, No.1, 225-234, 1983.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.66, Max(EID) = 372484, Max(EOID) = 996185.