『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116529)

EID=116529EID:116529, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:25, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Shibata Osamu (日) 柴田 攻 (読) しばた おさむ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nakamura Makoto (日) 中村 周 (読) なかむら まこと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Matuura Ryohei (日) 松浦良平 (読) まつうら りょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Monolayers of Alkylammonium Alkanoates on the Concentrated NaCl Solution  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 陽イオンと陰イオンが共に長いアルキル鎖をもつ塩,アルキルアンモニウム-アルカノエートの濃厚食塩水上に展開された単分子膜の状態について議論した.表面圧-面積曲線には2つの転移が現われた.相転移の熱力学量から判断して,1つは膨張膜から凝縮膜Iへの転移で,他の1つは凝縮膜IからIIへの転移である.凝縮膜Iの状態は極限面積が大きいため長鎖イオン基の間にNa+とCl-が割り込んでいるであろう.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Academic Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Journal of Colloid and Interface Science ([Academic Press])
(resolved by 0021-9797)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1095-7103)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 95 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 87 96 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1983年 9月 1日 (昭和 58年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Osamu Shibata, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Monolayers of Alkylammonium Alkanoates on the Concentrated NaCl Solution, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.95, No.1, 87-96, 1983.
欧文冊子 ● Osamu Shibata, Shoji Kaneshina, Makoto Nakamura and Ryohei Matuura : Monolayers of Alkylammonium Alkanoates on the Concentrated NaCl Solution, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.95, No.1, 87-96, 1983.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.